maquimaska(マキマスカ): スロースモーキング・エリア

essence of life #1の会場内に、スロースモーキング・エリアを設ける予定です。

maquimaska(マキマスカ): スロースモーキング・エリア- 山梨県甲府市
ムダなゴミを減らそう!世界中の愛煙者に向け【スロー・スモーキング】をお勧めしております。 Inner Joint Eco Filterを発明、PCT国際特許を取得。
製品名【maquimaska/マキマスカ】の販売メーカー、クルカ企画

スロースモーキングとは・・・
茶道がお茶の道ならば、スロースモーキングは喫煙の道です。


マキマスカでたばこを巻いて一服し、吸い終わって片付けるまでの一連の動作をご覧になられた方より、茶道の【お点前】のようだとよく言われます。

例えば、<お茶を飲む>という行為は、ペットボトルのお茶を道を歩きながら飲むのも、美しい茶碗にお茶をたてて飲むもの同じです。
しかし、常識のある大人ならば、人々の往来のある場所で歩きながらお茶を飲んだりはしないでしょう。茶道の心得のある方ならなおさらです。
同じように、マキマスカを使って手巻きたばこを吸う人は、けっして歩きたばこはしないはずですし、ましてや吸い殻をポイ捨てする事などありえません。 そもそも、常に人に対する配慮を忘れない大人だからこそ、喫煙が許されているのです。

喫煙は単なる習慣ではなく、人を思いやる生き方そのものを映す。
それがスロースモーキングの基本理念です。


たばこは自然界からの恵み。
心から感謝して味わうべきもの。

農産物として育てられたタバコが、喫煙できる状態になるまで、2年もの歳月を要するそうです。
手間ひまかけて作られたタバコに、もっと感謝して、美しくいただくのが本来の姿です。
本当に吸いたい訳でもないのに、少しだけ吸って消し、のこりはすべてゴミにする。
そんな習慣は、なくしてほしいものです。

行き着くところは、平和喫煙。

いたるところが禁煙となった今、いつでも好きな時に喫煙するのは難しくなっています。
だから、<吸える時に吸っておく>喫煙スタイルが生まれて しまったのかもしれません。
手巻きたばこは、ほんの少し手がかかる喫煙方法ですが、だからこそ、
たばこを味わう時間をみつけ、本当に吸いたい時だけ喫煙するようになります。
吸いたいときに吸えないイライラから解放された時、平和喫煙の意味がわかっていただけると思います。

ムダのない合理的な動作、
周囲への気遣いは、タバコ葉、巻紙、道具へのこだわりとなり、至高のひとときを・・・。

Inner Joint ECO Filter 【マキマスカ】は、【地球】【他人】【自分】を愛する心が形となった作品です。
たばこの文化は世界中にあり、国は違えど、人々に与える影響にさほどの変わりは無いと考えます。
クルカ企画は、マキマスカと、スロースモーキング・スピリッツを、広く海外の先進国へも提案して参ります。

ぜひessence of lifeのスロースモーキング・エリアで、maquimaskaをお試しになってみてはいかがでしょうか?
青空、満天の星空の下での一服。
そのひと時を味わうことから、煙草を味わうという行為について考え、これからも心地よい時間を過ごしたいと思うのではないでしょうか。
それぞれのライフスタイルへの変化に繋がることでしょう。

詳しくは、maquimaska HP
なお、maquimaskaオーナーBlog
maquimaskaの巻き方講座・テロップ動画をご覧下さい。

  ・ 
  ・ 
  ・

スロースモーキングとは・・・
茶道がお茶の道ならば、スロースモーキングは喫煙の道。
e0230151_23292379.jpg

高過庵(藤森照信)   木の上にある茶室

essence of life #1
[PR]
by essence_ol | 2011-05-19 00:16 | essence of life
<< 光と風設計社 : 協賛 [es... いよいよ近づいてきました♪ >>